生まれ変わる日本銀行券~新紙幣周知パンフレット・ポスターを制作しました!~

header-picture

こんにちは!大伸社コミュニケーションデザインです。
皆さんは、2024年7月前半を目処に新紙幣が発行されることをご存知でしょうか?
この度、日本銀行様にて「生まれ変わる日本銀行券」パンフレットとポスターの制作を当社で担当しましたので、ご紹介させて頂きます。

▷背景
3券種(10,000円、5,000円、1,000円)のデザインを新たにし、新紙幣を発行する改刷は2004年11月以来、約20年ぶりのこと。まずは皆さんに、新紙幣が発行されることの周知と理解を促すことを目的に、パンフレットやポスターを制作しました。

▷パンフレットについて
まず初めに制作したのは、パンフレット。
一般向けパンフレットは、華やかな色味のグラデーションをベースに使用しながら、新紙幣で使われている建物や植物などの要素をモチーフとして大胆にレイアウトしました。クラシカルな雰囲気を感じさせながらも、明るく刷新感を表現したデザインとなっています。
生まれ変わる日本銀行券をどう魅力的に見せていくか・・・20年ぶりという長い時間を感じながら、社内で数々のデザイン案を出し合っては「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤を繰り返し、無事完成しました。

また、今回の改刷では最先端の印刷技術が採用され、安心して使っていただくための「偽造防止技術」や誰でもわかりやすい「ユニバーサルデザイン」など注目ポイントが盛りだくさん。情報を整理し緩急をつけることで、目線の動きを意識した読みやすい構成にしています。

併せて制作した小学校高学年から中学生向けパンフレットの方も、梟(ふくろう)をモチーフとしたキャラクターを作成、理解しやすい言葉にリライトするなどして、よりわかりやすくキャッチーなものにするための工夫を随所に施しました。

▷ポスターについて
ポスターは2種、「新紙幣の周知を促すもの」と「偽造防止技術の情報を伝えるもの」を制作。
1種目は、パンフレットのテイストを踏襲しながらも、明るい未来がやってくるのを感じさせるような期待感を持たせるデザインにしました。色味も、「より華やかに」「より目を惹くもの」として、ポスター用に細かく調整をしています。

2種目は、多くの情報をあえて図鑑のように整然と見せ、情報の整理とデザイン性の高さを両立。紙幣はどのくらい浮いて見えるのがいちばん気持ち良いか、影を何度も手で書き起こしては試しています。

このパンフレットやポスターが皆さんの目に留まり、新紙幣が発行される日のことを楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです!

本事例に関しましては、当社の事例紹介ページにも掲載がございますので、合わせてご覧ください。

事例紹介ページ:https://www.daishinsha-cd.jp/work2/nipponginko/

Topics: 印刷, 制作事例


Recent Posts

2024年4月から合理的配慮の提供が義務化!WEBサイトユーザビリティとの関係は?

read more

人的資本経営を推進する企業の「採用戦略」として重要なこと

read more

ブランディングに欠かせない!”なぜ”で人を動かす「ゴールデンサークル理論」

read more