徳川将軍家の婚礼~ポスターが出来るまで~

header-picture

こんにちは!デザイナーの菅原です。最近一気に寒くなってきましたね。今日は、1月2日(月)より江戸東京博物館で開催される「徳川将軍家の婚礼についてご紹介させていただきます。私は今回こちらの展覧会の広報用ポスターとチラシのデザインを担当いたしました。

徳川将軍家の婚礼_B2_1128_OL-13.59.40.jpg

 

毎年、江戸東京博物館と公益財団法人德川記念財団は徳川将軍家に関わる企画展を開催しています。今回のテーマは「徳川将軍家の婚礼」。「篤姫・和宮」の華やかな婚礼道具をご覧いただけます。婚礼道具なんて滅多にお目にかかる機会はなく、また私にはまだまだ縁の遠い話なので創作意欲とともにテンションはうなぎ登りです(笑)

 

ここからは、広報用ポスターが完成するまでの裏話をお話ししますね。私は、後々の制作に大きく影響するため、イメージラフ(大まかな下書き)の段階で色んなパターンを考えるようにしています。頭の中のイメージや情報の整理がつき次第、一気にデザインを仕上げていきます! 華やかな模様で彩られた様々な種類の道具たちの魅力をどう引き出すか、、、。ラフの段階で色々とレイアウトや魅せ方を工夫しました。

 

IMG_5953.jpg

(今回作成したイメージラフ)

 

完成に至るまでにご担当者さまと話し合いを重ね、ポスターはできあがりました。ちなみに、背景の柄は実際の展示資料の文様を使用しております。どの婚礼道具か、ぜひ見つけてみてくださいね!

 

美しい展示品の魅力を、このポスター1枚で伝えることはとても難しいです。ですが、このポスターを見た方に、「徳川将軍家の婚礼」の魅力が伝わり、ぜひ多くの方に展覧会へお越しいただきたい、、、そんな思いを込めて作らせていただきました。町で見かけた際はDCDブログに載っていたポスターだ!」と思い出していただければ幸いです。

 

詳しい開催情報については、江戸東京博物館Webサイトでご確認ください。1月2日(月)から始まりますので、ぜひみなさん足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

Topics: ニュース, クリエイティブ, 制作事例


Recent Posts

サステナブル×ブランドストーリーの重要性

read more

時代に合わせて進化する、DCDのオフィスデザインを徹底解剖

read more

統合報告書発刊に向けた取組みや、社内浸透をどう進めていけば良いか?

read more