VR ZONE SHINJUKU で取り乱して来た!その2

header-picture

ハイサイ!CGチーム比嘉です。

前回は、2017年7月14日、新宿歌舞伎町にオープンしたVR ZONEの施設概要についてご紹介しました。本日はいよいよ、各アクティビティについてレポートします。

(前回の記事はこちらから→ https://www.daishinsha-cd.jp/blog/vr-zone1

 

1.ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波(Blue)

 

VRZONE_DB_1.jpg

 ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波

 

日本男児なら一度はかめはめ波の練習をしたことがあるのではないでしょうか。それを悟空に教えて貰って実際に撃って岩を壊せるとなれば、やらねばなるまい。こちらは基本4人一組で体験します。1人で行かれる場合はスタッフと対戦するか、他の方と一緒に体験します。最初に「悟空・ベジータ・ピッコロ・クリリン」の四人から師匠を選びます。後でかめはめ波の指導をしてくれます。

 

VRZONE_DB_2.jpg

(正面のいっぱいある穴ってなんだろう)

 

手と足にセンサー等をつけてプレイします。まずは腰に手を当てて姿勢を低くして気を溜める。地響きがすっぞ。右足を後ろに回して両手を右側に、手の間に気が集まっている感覚がすっぞ。両手を素早く前ぇに出すとかめはめ波撃てっぞ。撃ってみた感想はなかなか思った場所に撃てない。

 

どういう判定で方向を決めているんだろうか。ちなみにVR ZONEの売店で「仙豆」を買って、体験時に仙豆を持っている事をスタッフに伝えると、対戦中に仙豆を実際に食べて復活することができます。課金プレイですね。

 

VRZONE_DB_3.jpg

もちろん課金して食べてきました。仙豆うんめーなぁ。こりゃ復活すっぞ。

 

2.極限度胸試し ハネチャリ(Red)

 

VRZONE_HANE_1.jpg

極限度胸試し ハネチャリ

 

こちらも4人で体験します。羽の付いた自転車に乗って漕ぐと羽ばたく、漕ぐのを止めて重心を前に倒すと進む、後ろに倒すと減速という方法で谷を進むアクティビティ。羽ばたきながらは進めないのがミソ、滑空するのが正しい。

 

VRZONE_HANE_2.jpg

 

エアロバイクみたいな感じなのでいい運動になりますね。壁等にぶつかってハネチャリが壊れてもゴールするまでやり直せるので安心してぶつかって壊して下さい。資材費はVR ZONE持ちだそうです。風を感じながら進む事ができてとても気持ちよかったです。横風に吹かれて流されたり洞窟に入ったり。滑空するアクティビティなのでスタート地点がものすごく高い崖になっていて、漕ぎ出す度胸も必要ですね。

 

3.マリオカートアーケードグランプリVR(Yellow)

 

VRZONE_MARIO_1.jpg

マリオカートアーケードグランプリVR

 

4人で対戦するアクティビティです。カート型の筐体に乗りハンドルと右足のアクセル、左足のブレーキで楽しむまではアーケードゲームでよくある形ですが、違う点は亀の甲羅などのアイテムを手で掴んで自分で好きな方向に投げる事ができます。

 

VRZONE_MARIO_2.jpg

 

VRのレースゲームだと酔いやすいかもと思ってしまいますが、カート型の筐体がゲームに合わせて動いてくれたり、風が吹いてきたりするので、実際に運転をしている感じがして酔いにくかったです。万が一酔って気分が悪くなった場合は無理せず両手を上げてスタッフを呼んでください。VRなので、自分で後ろを向いて後方確認しながらバナナを投げる事もできます。顔と手がマリオ達と連動しますので、後ろを向いて後続車を煽る事もできますね。

 

本日はここまで!次回も、各アクティビティをご紹介します。

 


施設情報


  • 公式サイト:VR ZONE SHINJUKU Twitter:@vrzone_shinjuku
  • オープン期間:2017年7月14日〜2019年3月末
  • 住所:東京都新宿区歌舞伎町1-29-1(新宿ミラノ座跡地)
  • 時間:10:00~22:00(21:00最終入場)
  • 定休日:なし
  • 入場料:大人800円、子供500円(6~12歳)、5歳以下無料、1Day4チケットセット4,400円

©カラー/©Nintendo Licensed by Nintendo/©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 

Topics: コラム, レポート, VR・AR・CG


Recent Posts

コンテンツ東京2022に出展しております

read more

サステナブル×ブランドストーリーの重要性

read more

時代に合わせて進化する、DCDのオフィスデザインを徹底解剖

read more