シルバーリングを作ってみました

header-picture

こんにちは。営業サポートチームの土屋です。

先日、指輪を自分で作れるという工房に行ってきました。今回は2度目で、1度目は頂いた体験型ギフトがきっかけでしたが、とっても良い体験だったので、今回は3歳半になる娘も一緒に家族で行ってみました。

 

いろいろな種類から選べるのですが、今回は「つちめのマット加工」と「刻印のツヤ加工」を作ることにしました。

 

まず自分の指の号数を調べ、その大きさのシルバーの平棒をもらいます。

 

ring1.png

 

つちめは、槌目模様になるようにトンカチを数種類使いわけ、自分の好きな雰囲気になるようランダムにトントンと入れていきます。刻印は、アルファベットと数字、また星やハートや月などの記号の刻印が入っているトンカチを使い、自分の好きな場所に同じくトントンと入れていきます。

 

ring2.png

 

その後、平棒を丸めて円の形に近づけます。端と端をできるだけキレイに近づけて…その隙間が埋まるように上から銀を溶かして溶接します。

 

裏側にヤスリをかけて溶接部分をキレイにします。

 

ring3.png 

 

この時点ではリングは希望のサイズよりもだいぶ小さくゆがんでいますが、それを芯金と木槌で丸く整えながら、希望のサイズにしていきます。またトントントントン。最後に丸く整える部分は難しいので工房のお兄さんにお願いをして…

 

その後は仕上げ作業!

ヤスリでキレイに磨いていきます。結構時間をかけて裏面、角、表面を磨き上げます。マット加工は表面を専用のタワシのようなもので自分の好きな雰囲気が出るように加減を調整しながらこすります。その後、専用の布でこすってキレイにします。ツヤ加工は表面に研磨剤をかけてキレイにします。

 

出来上がり!!

3時間半かかってこんなにステキなリングが出来上がりました!

 

ring4.png

 

といっても素人でこのように仕上げるのは難しく、すべての工程において工房のお兄さんが念入りに確認&仕上げの作業をしてくれるので、きちんとキレイな仕上がりになります。教え方も非常に丁寧でわかりやすく、ほめ上手なお兄さんのおかげでステキなリングを楽しく作ることができました。

 

3歳半の娘は途中で飽きてしまいましたが、それでも好きな刻印を好きな場所に自分自身でトントンと入れることができ、とても楽しそうでした。失敗してしまった模様もありますが味のあるリングです。カップルはもちろん、家族みんなで作るのも非常に楽しい体験で、オススメです。

 

シルバーリングづくり体験、芸術の秋にいかがでしょうか?

 

Topics: コラム, 休日・家族


Recent Posts

コンテンツ東京2022に出展しております

read more

サステナブル×ブランドストーリーの重要性

read more

時代に合わせて進化する、DCDのオフィスデザインを徹底解剖

read more