同期旅行に行ってきました!IN 石垣島

header-picture

こんにちは、営業内山です。私の入社年は2009年。もうすぐ入社して丸8年になります。(時が経つのは早いものです…)

 

新入社員で入った頃は、右も左もわからず、たくさんの失敗を重ねて日々を過ごしていました。失敗した時や悩んだ時に相談し合える相手がいる、というのは、社会人として生活する上でとても心強いもので、同じ部署の先輩方はもちろんですが、やはり同期の存在は大きい!と今でも感じます。同期の頑張りを見ると、自身の励みにもなりますよね。

 

そんな私の同期は、大伸社グループ全体で現在9名!人事、営業、印刷設計監理、エスノグラファー、コピーライター、DTPオペレータ…と様々な職種で活躍しています。

 

今回約5年ぶりの同期旅行が企画され、なんと30歳オーバーの同期8名で石垣島旅行に行ってきましたので、仲良し同期のリフレッシュ旅行の様子をお届けいたします!

 

 ishigaki1.png

 

ところで皆さん、冬の沖縄は行ったことがありますか?

 

「沖縄は夏に行くところ!」と思っている方もいるかもしれませんが、冬の沖縄も実は魅力がいっぱいなんです。

 

海には勇気がないと入れませんが、気温は平均15℃以上!晴れている昼間であれば半袖で過ごせます。薄手のカーディガンやパーカーがあると、朝晩はちょうど良い気候ですよ。

 

初日は「サンセットカヤック」を満喫しました!

 

ishigaki2.png

 

漕ぐのが難しそう!と思う方もいるかと思いますが30分もすればスイスイ自由自在です。マングローブの森や回りの景色を楽しんでいるうちに、空の色がどんどん変化していきました!

 

ishigaki3.png 

 

なんと綺麗なサンセット!日が沈む様は、もう感動でした。

 

ishigaki4.png

 

写真はありませんが、この後の空は見渡す限り星・星・星!東京では味わうことが出来ない自然の偉大さを感じて圧巻でした。

 

2日目は、船で10分、竹富島へ。水牛に乗った後で雨に降られ…温かい沖縄そばがとてもとてもおいしかったです。雨が降った時用の、ウインドブレーカーなどを持っていくと役立ちますよ!

 

ishigaki5.png

 

最終日の3日目は、石垣島のはしっこまで車を走らせ「海岸で馬乗り」体験!

 

 ishigaki6.png

 

はじめての海岸乗馬にみんな興奮です!

 

ヨナグニウマという在来馬で、洋種馬等、外来の馬種とほとんど交雑することなく残ってきた日本固有の馬です。かつて日本中にいて人々と共に暮らし、田畑を耕し、移動手段や背中にたくさんの荷物を載せて運搬手段として活躍していたそうです。

 

戦争で他国からやってきた大きな馬が増えたことや、車や農具の機械化が進んだため数が激減したそうです。かつて“仕事”があって必要とされてきた馬たち。その“仕事”が、機械化が進むことでなくなり、数が激減。現代の人々がこの在来馬の存在を知るきっかけとなり、人と馬との架け橋になれたら、という思いでこの牧場を作ったと牧場の方が話してくださいました。何だか考えさせられましたね。

 

ishigaki7.png

 

小柄でとても愛らしいヨナグニウマのククルちゃん。私たちを乗せて頑張って歩いてくれました!

 

2017/02/18にはディレクター川島が蓼科旅行の記事UPしていましたね。たまには大自然に触れて頭も身体もリフレッシュして、東京にいるとなかなか触れることが出来ない体験をすることって、とても大事だなと感じた同期旅行でした!

 

Topics: DCD, 休日・家族


Recent Posts

サステナブル×ブランドストーリーの重要性

read more

時代に合わせて進化する、DCDのオフィスデザインを徹底解剖

read more

統合報告書発刊に向けた取組みや、社内浸透をどう進めていけば良いか?

read more