社員インタビュー②/Webディレクター榎「新しいことにどんどん挑戦!DCDだからこそ得られるやりがい」

header-picture

こんにちは。 広報 吉田です。本日は、Webチーム ディレクターの榎に主な業務内容やDCDでWeb制作を行う醍醐味、Webチームの雰囲気などについて聞いてまいりました。ぜひ、ご一読ください!


仕事内容について教えてください


in2_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、1年半前にWebディレクターとして中途入社しました。普段は制作ディレクションをはじめ、お客様の課題に対するWeb施策のご提案を行っています。DCDのお客様はBtoB企業が大半を占めており、例えば、機械メーカーや食品メーカー、税理士法人事務所など、本当に幅広いです。コーポレートサイトのリニューアル案件が多いですが、最近は、リクルートサイトやECサイトの制作を行うお仕事も増えています。そして、どんなWebサイトを作るにせよ、まずはお客様のもとに伺い、要件定義を行うことから始まります。つまり、サイトを制作する目的や規模感、デザインの方向性の確認ですね。お客様と打ち合わせを行う際は、必要に応じて社内のデザイナーやシステムに詳しいスタッフも同行してくれます。DCDは基本的にどの案件もクライアントとの直接取引です。お客様との距離が非常に近いという点は、最適な提案や的を射たアウトプットの制作に繋がっていると思います。

 


やりがいを感じる瞬間を教えてください


やはり、一度お付き合いをしたお客様から再びお声がけをいただけた時ですね。入社後初めてディレクターを務めた案件では納品後に「またDCDさんにお願いしたい!今後の担当も榎さんで!」と言っていただけたんです。あの時はとても嬉しかったですね!付き合いが長くなるほど、お客様への理解が深まるため、私たちも様々な提案ができます。また、お客様から「こんなことで困っている!」「あんなことをやってみたい!」と相談やリクエストを受けた時には、柔軟に対応したいと思っています。ご相談いただく課題の背景などもヒアリングし、ご要望プラスアルファでのご提案をしようと心掛けています。だからこそ、日頃からインプットを行い、引き出しを広げることが必要だと感じています。

 


DCDでWeb制作を行うことの魅力を教えてください


Webサイト制作の上流工程から携われるという点ですね。私たちが求められていることは、粛々とWeb制作を行うことではなく、「課題をどのようにして解決するか」という提案です。また、DCDが所属する大伸社グループは「ユーザー視点」を大切にしており、私たちWebチームもお客様とともにワークショップを行い、「カスタマージャーニーマップ」を制作することがあります。カスタマージャーニーマップとは、ユーザーの、商品を「知る」「買う」「使う」などの一連の行動や感情などを表すフレームワークです。こちらを作成することで、サイト内の動線設計や流入施策、コンテンツアイデアの創出に繋がります。そのため、Webサイトだけに止まらない施策の提案も可能です。また、違う部署ではありますが、同じフロア内にはグラフィックデザイナーやコピーライターもいるので、そういったメンバーと協業することで、より高いクオリティのアウトプットを追求することも、DCDで働く面白さだと思います。

 


Webチームの風土について教えてください


 「一人で思い悩む」ということはあまりないですね。任された仕事に対してプレッシャーを感じる時もありますが、相談がしやすい体制なので働きやすい環境かと思います。また、ページ数が膨大だったり、複雑なシステムを要する大型案件の場合は、ディレクターを複数設けて分業することで、一人一人の負荷を軽減しています。近年は、案件の数もボリュームもひっきりなしに増えているので、チーム一丸となって日々業務に励んでいます。ちなみに、上司は気さくでありながらもとても頼りになる方です!また、チームとしては和やかな雰囲気だと、他の部署の方からよく言われます(笑)
 

最後に一言お願いします


 「お客様に直接提案がしたい!」「新しいことに挑戦し続けたい!」という方は、とてもやりがいを感じることができる職場環境だと思います。また、私自身としては、今後はもっといろんなことを勉強して、提案の精度をアップしていきたいと思います!
 
{{cta(‘75470f5a-25e9-4373-85c0-68ce2afb48ad’)}}
 

Topics: DCD, 社員インタビュー


Recent Posts

コンテンツ東京2022に出展しております

read more

サステナブル×ブランドストーリーの重要性

read more

時代に合わせて進化する、DCDのオフィスデザインを徹底解剖

read more